フロランタンってやっぱり美味しい! Sables Frorentins

 

7月のBaked Sweets Class(焼き菓子クラス)のレッスンはフロランタン。

フロランタンはフランス語で、ドイツ語ではフロレンティーナ、イタリア語ではフロレンティーヌ

メニューで『フローレンス風』と言えばフィレンツェ特産のほうれん草を使ったものですが、こちら

は『フィレンッエのお菓子』という意味です。

久しぶりに作ったフロランタンですが、このアーモンドとキャラメルのカリカリがたまりませ~ん!!

難しいお菓子ではありませんが、カットする時ロスが出るお菓子で、お菓子屋さん泣かせのお菓子でも

あります。

写真ではよく分らないかも?ですが、アーモンドスライスとアーモンドバトンと2種類作ってあります。

平たいのがスライス、細長いのがバトンです。どちらかと言えば、バトンの方がバリバリとアーモンド

の食感が良く、私の好みです。ただし、歯の悪い方はちょっと注意が必要かな・・・。

そして、オレンジの皮とオレンジピールが入っていて、サブレが薄いのが私好み(だから・・? 笑)

アイスコーヒーを飲みながらフロランタンをカリカリかじっていると、幾つでも入ってしまう・・・

困ったものです。

サブレ生地はベーキングパウダーを入れないタイプと、入れてふんわりさせる色白タイプがありますが

サブレ生地は薄いほどフランス人シェフ曰く、 粋~! ということ。

貴方はどちらがお好みですか?

(こちらは私好みのBP入れない、薄いよく焼きカリカリタイプで~す❤)

 

 

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ