日常/非日常展      Daily life & Unusual life


昨日、三軒茶屋のキャロットタワー内にあるせたがや文化財団・生活工房で行われて

いる展示会 日常/非日常 展に行ってきました。

私たちにとっての非日常とはいつもとは違う生活、災害時を想定して2年前の東日本

大震災から学んだこと、そこから新たに考えられたことなどが色々とシュミレートされて

いました。 中でも白布とボール紙のポールで作ってあるパーテーションで区切られた

数世帯分の実際の生活スペースの展示は非常にインパクトがありました。

学校の体育館などで避難生活をされていた方々は、このわずか2畳程のスペースの

床の上に薄いマットを敷き、白布で区切られた中に一家族分の日常生活、人生が

あったということ・・・ここで1年近くも生活していらした大勢の方々を思うと本当に胸が

痛くなりました

当時はテレビなどでこの様子を見て知ったつもりでいましたが、実際自分の目で見て

見ると非常に過酷な生活です。 皆様どんなに辛くて不安な毎日だったでしょうか・・。

もし自分がこの立場になったら・・・と思うと、耐えられるかどうか疑問です。

この展示は、震災から私たちの価値観や生活スタイルを再考させ、心が少しでも平穏

を得るためには何が必要か・・・と問いかけています。

普段の生活から一人ひとりが何を考えて、何について備えるべきか・・・ということを

日常生活において、非日常生活のことを再考えさせられた意味深い展示でした。

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ