金子シェフのモンブラン  MONT-BLANC


今日は2ヶ月ぶりのパリ・セヴェイユの金子シェフのお教室でした。

すごい雨の中、皆さんお休みもせず、お教室は満員でした。

先月お教室は夏休みでしたから、皆さん楽しみだったのでしょうね

さて、今月はロールケーキ2種類と待ちに待ったモンブラン・・・・  なぜって? 

金子シェフはモンブランをほとんどり作りませんので、当然お店でも購入は出来ないか

らです。

私の握りコブシくらいの大きなモンブラン・・・栗はフランス産のもの、ミルクで炊いて

バニラシロップに1晩漬けこんだものを裏ごしして使います。お味のバランスをとって

サヴァトンのマロンも加えます。

1年ぶりのモンブラン、本当に美味しかったです 和栗のモンブランとは違う洋風な?

お味で栗の香りがして、とにかく美味しかったです。

金子シェフですから、きっとモンブランもガツンとしたアンジェリーナのようなお味かな

と想像していたのですが、もっと繊細でおしゃれな、そして栗のお味を十分引き出した

素晴らしいモンブランでした。

ベースのメレンゲもサクサクと甘すぎずにとても美味しい

皆さん、大きくて食べられるかしら・・・と心配していましたが、

” 美味しくってもう、終わっちゃう~ ” とペロリと平らげていらっしゃいました。

私のお菓子教室も毎年9月は和栗のモンブランなのですが(1年に1度は思いっきりモン

ブランを食べましょう!ということで・・・)今年は家の建て替えのためお菓子教室は

来年の1月までお休みなので、本当に生徒さんには申し訳ありません・・・

来年の秋には、また思い切りモンブランを作って食べましょうね ( 鬼が笑うかな?)

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ