宮崎マンゴー  Japanese Mango

国産の宮崎マンゴー、それも『太陽のたまご』なるネーミングのマンゴーを頂きました。

とても美味しかったのですが、そのお値段のお高いこと・・・ ビックリです。

天塩にかけて育てたそうですが、一つ、ウン千円と聞くと、冥利が悪いですね~。

ずっと以前、家に来ていたアメリカ人の留学生の女の子が、『今日はすごいもの写真

に撮った~ッ!』 というのです。

何かと思ったら、木箱入りの一万円のマスクメロンの写真でした

『こんなりっぱなウッド・ボックスに入ってるこんな高~いメロンなんて信じられな~い』

と言うのです。  確かに・・・確かに・・・・ そうでしょうね~私も同感

それはメロンを食べるのではなくて、その気持ちを頂くのよ! とかなんとか言った

ようなきがします。

それで、今回はこの頂き物のお高いマンゴーを食べて楽しみ、その後は観賞して

楽しもうと言う訳です。

マンゴーを食べた後、種をよ~く洗って、ケバケバの皮を剥くと中からペチャンコに

したそら豆のような種が現れます。 それを水に漬けておくと1週間くらいで根が出て

きます。根が長くなったところで植木鉢に移して育てます。

鉢植えして10日くらい経ったものが上の写真です。

きれいな緑の葉になってきました。

どんどん育って、美味しいマンゴーが生らないかな~と目下、楽しみにしているところ

ですが・・・日本もだんだん温暖化、熱帯化していますからちょっと期待出来るかな

なんて・・・ね

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ