ニース風玉ねぎのタルト ピサラディエール  Pissalaiere


9月に入ってもまだまだ残暑が厳しいですね、そこで今日のお菓子教室は玉ねぎの

甘さとアンチョビとオリーヴの塩気が美味しいアクセントの南仏・ニース風のピザ

ピサラディエールを作りました。(タルト・オニオンとも言われます)

薄力粉と溶かしバター、水、塩を入れフードプロセッサーであっと言う間にブリゼ生地

を作り、5mm厚に伸ばして円型にし、オリーブオイルでよーく炒めた玉ねぎをのせ

ミルクに漬けこんだアンチョビを飾って処どころにオリーヴを散らし・・そしてハーブド

プロバンスを全体にかけ、最後に表面にオリーヴオイルをまわしかけてオーブンへ・・・

イーストを使わないからサクサクした仕上がりです

玉ねぎソテーの甘味とアンチョビの塩辛さ、オリーヴの塩気も相まって、見かけは

地味ですが、一度食べたらやめられない美味しいピササラディエールです。

これにシーフードと茹で卵の入ったサラダ・ニソワーズを添えてランチをいただき

ました.

ピサラデエールはエコノム(皮むき)などの先で円形に伸ばした生地を花びらの形

にすることを忘れずに、と、ロゼ・ワインがとっても合うよ! とコルドンブルーのシェフ

に教えていただきました。

焼き立てでも冷めても美味しくて、ワインだけではなく冷たいビールにも美味しい

ピサラディエールです

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ