成人式の思い出   Coming of Age ceremony


昨日は成人式、それも生憎の大雪・・・  なにもこんな日に大雪が降ることないのに

お天気の神様もちょっと意地悪です・・・

テラスに降る雪を見つめて36年前の自分の成人式のことをボーっと考えていました。

18才の私は成人式のお祝いも着物も要らないので、アメリカに行かせて欲しいと

毎日のように両親に訴えていました。今考えると親不孝?な娘だったと思います・・・

兄二人がいるものの少し年が離れて生まれた初めての娘・・両親は成人式をとても

楽しみにしていたことでしょう・・(どんな着物を作ろうかと楽しみにしていたようでした)

けれど当の私はそんなものに全くの興味なし、親の希望した大学もまったく無視

とにかくアメリカに行きたくて行きたくて・・・・毎日のように両親に訴えていました。

とうとう、両親も根負けをし、その年の夏休み1カ月をカリフォルニアのサマースクール

に行かせてくれたのでした。当時、着物を作るよりはるかに高かった費用です

そのアメリカでの生活で私の人生観は大きく変わり、当時全てに自信のなかった私は、

” ありのままの自分で良いのだと・・・無理して他人に合わせることも流行に乗る必要

は少しもないのだ ” ということを学んできました。また、人に頼らず、常に自分の頭で

考えるということと、ボランティアの精神もアメリカで学んだことでした。

振袖を着ることはなかったですし、成人式にも出席しませんでしたが私は私の選択が

間違っていなかったと今、36年経ってあらためて思います。

両親には申し訳なかったのですが、当時海外に行くとなると、今生のお別れのように

お友達が総出で羽田に見送り来るという時代でした。

さて、成人式当日はというと私は横浜港から海を見ていたのでした。

写真は21歳の初釜前の唯一の着物の写真です。(成人式の写真がなかったので

せめてもと親孝行 用にと撮ったものです・・・・生意気そうですね~

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ