エンゼル・トランペット Angel Trumpet


6月のこの季節、夜になると我が家の門の脇にある私の大好きなエンゼルトランペット

が沢山のお花を咲かせてくれて、とても良い香りです。

お昼間はそんなに香りがしないのに夜になるととても強い香りを放ち、暗い中でも

ハッキリと存在感を示しています。

エンゼルトランペットはナス科の直物で、木立朝鮮朝顔とかダチュラとも言います。

原産は中南米、インドなどです。

このお花と初めて出逢ったのはずいぶん昔のことで、ホノルルにあるシンボル的ホテル

The Royal Hwaiian Hotel (ザ・ロイヤル ハワイアン ホテル)の中庭です。

色とりどりの沢山のエンゼルトランペットが咲いていました。

特に夜の中庭散歩が素晴らしく、良い香りで、夢心地になったことを覚えています。

当時はなかなかこの植物が日本では購入出来ず、ずいぶんと探しました

やっと白とピンクの苗木を見つけ、花壇に植えてからもう20年くらいになるでしょうか。

毎年、冬を除いた3シーズン咲いてくれます。

冬になるとカラカラに枯れてしまい、もう駄目かな?と思うのですが、また暖かくなると

アッと言う間に葉が出てきて、つぼみもドンドン出てきて沢山のお花が咲きます。

夜、仕事で疲れて帰ってきても家の少し前からエンゼルトランペットの良い香りがして

”お帰りなさい!!” と言ってもらっているようで、嬉しくなる季節です

近くには街路樹になっているところもあり、色とりどりのエンゼル・トランペットを見るの

も楽しみです。

ただし、この植物はお花も葉も茎も有毒ですので要注意です

”きれいな花には棘がある” の典型ですね・・・

お気軽にお問い合せください
2日以内にご連絡いたします

お問い合わせ

前の記事

青い貴婦人 Blue Lady